計算外な出費になりがちな内訳

計算外な出費になりがちな内訳

2015年05月25日

解体の契約を業者と結ぶときには、
見積もりをもらい、それをもとに検討を行います。

それによって契約に至るのですが、
その見積もりにはなかった計算外な出費になりがちな内訳があります。

たとえば作業用車両の駐車代や隣家への敷地使用料、
樹木伐採下草刈り処分費などです。

それ以外もいろいろと発生する可能性はあります。

これが後から請求されると、なんとも気分が悪く、
しかもその出費は痛いものです。

それが金銭トラブルに発展することがありますので、
あらかじめ業者との話し合いの中で「発生する可能性がある出費」に
ついても提示するように業者に促し、
きちんとした金額が出したうえで
見積もりの中の経費部分に算入するように話しましょう。

またどのような時にどれぐらいの追加料金が発生するのかも、
事前に説明を受けることが必要です。

駐車場代は日にちがやむなく納得できる理由で
延期してしまった時には当然加算となりますし、
樹木伐採下草刈り処分費も増える可能性があります。

しかし事前にある程度を聞いておけば、
加算が妥当なラインかどうかの判断が出来ます。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!