解体工事着工日の日柄は気にするべき?

解体工事着工日の日柄は気にするべき?

2015年07月10日


住宅に関する工事を行う場合、着工日をどうするかが気になるものです。
特に気にせず、できるだけ早く作業を進めていきたいという人もいますが、
たいていの人は気にしてしまいますよね。

解体工事などの着工日を決めるに当たって、
意識するべき点は人によって異なるものですが、
基本的には新築では仏滅、赤口を避けるという考え方の人が多いです。

新築では仏滅、赤口を避けるようにしている人も、
新築以外の場合には意識しないということが少なくありません。

実際のところ、新築するときほど気にする必要はないのです。

六曜(先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口)という考え方は、
万人に共通しているものではありません。

また、あらゆる時代で取り入れられてきたものでもないのです。

実は、六曜(先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口)は、
明治以降に取り入れられるようになった考え方なので、
比較的新しい考え方だと言えます。

それほど神経質になる必要はないものなのです。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!