埋没物の危険性について

埋没物の危険性について

2015年08月05日

建築を建てる場合、敷地が購入したばかりで新しい場合は、
たとえ地上に何もない更地でも地中に埋設物が埋まっている場合があり、
注意が必要です。

以前の敷地の使われ方によっては、
廃材や、危険物等が埋設されている場合もあり、
敷地を購入しようとする祭は、十分な調査が必要です。

調査の上、埋設物が以前から埋まっていたものであれば、
新たに建物を建てる前にしっかりと全てを取り除いておくことが必要です。

また、既存の建物を取り壊して、新たに建物を建てる場合も、
地中に構造物が残っていると、新築工事の妨げとなり危険です。

コンクリート残や撤去残があった場合、
新たに建物を建てる際にしっかりと全てを取り除いておくことが必要です。

構造物の解体工事は、地上部分だけでなく、
地下部分に大きな構造体がある場合も多く、
さらに、建物を支える杭等の撤去が必要な場合もあります。

地上部分撤去に比べて、地面の掘削や、
掘った部分が崩れないような処置をしながら、
撤去を進める必要があるため、余裕を持った工程が必要になります。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!