解体工事におけるトラブルについて

解体工事におけるトラブルについて

2015年09月08日

解体してほしい部分をはっきり指示しておかないと、残しておきたい部分が解体されたあとには保証があっても完全復元は難しいです。

 

作業開始前には口頭で作業範囲について打ち合わせがありますが、それに加えて解体禁止を意味するマークなどを残しておきたい部分に貼り付けておくと効果があります。

 

結果として、解体してほしい部分をはっきり伝えた場合と匹敵する効果があります。少々の手間がかかるものの、解体禁止を意味するマークなどは重要です。


大型のものは先に外へ運び出すことは、解体して欲しい部分をはっきり伝えることと同様に大切です。

 

解体作業の遅延につながったり、重機の故障の原因になることもあります。

 

また、万が一にも大型のものは先に外へ運び出す作業を怠っていると、大切な家財道具も解体されてしまう可能性が高くなりやすいです。

 

この場合にも保証があっても完全復元は難しいので、大型のものは先に外へ運び出すようにしておく必要があります。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!