解体工事の騒音ってすごく大きいのでは?

解体工事の騒音ってすごく大きいのでは?

2015年12月15日

住宅など建造物などが古くなってしまい、のちに解体工事を行うことが必要になる場面もあります。
建造物を解体して更地にした上で売却を行う方や、新しく住宅を立て直す方も存在しています。


どのような環境であっても解体工事を行うような現場では、騒音について気になってしまうことが多々あります。
騒音の音が非常に大きいものになる可能性が高くなり、実際にクレーン車やショベルカーなどを使ったり、はつり工事を行うような場面もあります。


その結果として騒音だけではなく、大きい振動などを感じてしまうことが多く、特に近隣に他の住宅が立ち並んでいるような住宅街の場合では、作業自体について不安感を持ってしまう方も存在しています。


しかし、実際には専門業者に依頼する方法では、住宅の周囲の環境を見極めて作業を進めることが一般的になり、例えば住宅の周りに足場を組んで、その周囲に防音機能が備わっているシートなど用いて養生を行うことで、音と埃や塵などから防護することも可能です。


それでもある程度は騒音などが発生してしまうことになり、専門業者の中には事前に周囲の家に出向いて挨拶まわりを行っていることもあり、安心して利用できます。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!