解体工事の振動って大きいもの?

解体工事の振動って大きいもの?

2015年12月31日

隣の住宅が解体工事をしているときにその振動と音が原因で昼寝ができないというクレームを入れた人がいます。
解体工事には振動がつきものですが、どうしても近所からのクレームが入りやすくなるところです。


眠れないというものはまだいいほうで、最悪の場合隣の住宅にひびが入ってしまうこともあります。
それはその住宅の造りが古いからなのかもしれませんが、いずれにしても解体工事の振動が大きいことで様々な問題が起こるのです。


そこで、解体工事前には近所へのあいさつ回りを行うことが必要になります。
あいさつ回りにはお菓子などを持っていくといいでしょう。


また、いつから工事が始まり、いつ頃終わるかということも明確にしておく必要があります。



ところで、最近は解体の技術が発達し、振動や音が少ない(小さい)解体もすることができるのです。
例えば、静的破砕剤注入工法というものです。


この工法は、静的破砕剤と水を使用します。
両者を混ぜることで膨張圧が発生しますが、膨張した時にコンクリートや石を破砕するのです。


コンクリートや石に穴をあけてそこに静的破砕剤を入れることで音と振動を抑えることが可能になるクレーム知らずの工法です。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!