解体工事での騒音の基準って?

解体工事での騒音の基準って?

2016年01月06日

解体工事をする時にネックになることと言えば騒音です。
工事の種類的に、どうしても大きな音が出てしまい、少なからず近隣住民の方たちに迷惑をかけてしまうものですが、あいさつ回りをしたり、基準を守った工事をすることで、トラブルを起こしにくくすることができるものです。

弊社では、無料であいさつ回りをさせていただきますが、その際に、工事の案内状と粗品のタオルの用意もしています。

なお、あいさつに行く際には、お客様に同行する形がベストですが、どうしても都合が悪い場合には、弊社の担当者のみでの対応もさせていただきます。

次に、実際の解体工事の際の騒音対策ですが、超低騒音型の重機を使用したり、白シートを使用して、少しでも音が漏れ出ないようしながら、工事を進めて行きます。

このように、さまざまな対策を施して基準を超えないように心がけて解体工事を行いますが、作業時間にも配慮しています。

早朝、深夜に工事の音が聞こえてきたら、誰も不快な思いをするものですが、その時間帯を避けることはもちろん、もっと余裕を持ち、8時から17時の間以外は解体作業をしないように対応しています。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!