解体工事に向けて準備することとは?

解体工事に向けて準備することとは?

2016年01月28日

解体工事を行う場合には、まず、依頼をする業者の選定を行う必要があります。


複数から見積りを取り比較をすることが大切なことになり、この場合には、依頼を受けた業者は現地調査を行うために現況図面等は無くとも問題はありません。

次に業者の決定を行ったならば、内容に関しての説明を受け、特に、不要荷物や附属物、立木等の処理に関しては確定をしておくことが重要になります。

解体工事は、依頼主と業者の打合せによって決めた工程に沿って行われますが、家の片づけ等は業者が乗り込む前に行っておく必要があり、自分で処分が無理な場合には事前に業者と打合せをして、解体時に処分をしてもらうようにします。


また、解体時期が迫った場合には、ライフラインの休止、または解約手続きを行う必要がありますが、建替えなどの場合には、水道は解体でも使用することから仮設として一系統残す場合もあります。


解体工事では、建設リサイクル法による事前申請を始めとして、解体場所によっては道路使用許可証などを事前に準備する必要があり、ほとんどは業者側が提出を行います。


但し、近隣への挨拶だけは忘れずに行うことが大切なことになります。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!