雨の日は解体工事ってできるの?

雨の日は解体工事ってできるの?

2016年02月13日

解体工事をする場合には、いくつか気になる点がある人も多いかもしれません。
解体工事で気になるのは、雨の日に工事をすることができるかということです。


もし、雨が降って工事が延期してしまうと賃貸物件を借りている場合に延長しなければならず、その分賃料が余分に発生してしまうかもしれないからです。


例えば、解体工事から新築の建築まで4ヶ月かかるとすればその間は賃貸物件に仮住まいすることが考えられますが、もしら雨の日が続いてしまったらもう一ヶ月分の家賃を支払わなければならないからです。



結論から言うと雨が降っている場合には延期をすることが考えられます。
やはり、雨の中で作業をすると足場等に乗っている場合足を滑らせて二階から転落することも考えられます。
あるいは、重たいものを持っている時に手が滑って怪我をする恐れもあります。



ただ、解体工事の中でも壁や屋根がまだある段階で工事をしている場合には雨が降っていてもそのまま工事をすることが考えられます。


このように、工事をするときには期間が延長する可能性もありますので雨が多い季節は避けるようにするべきです。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!