安すぎる見積書には気を付けましょう

安すぎる見積書には気を付けましょう

2016年02月23日

解体工事の見積もりをとったとき、他社と比べて明らかに安い見積りには気をつけましょう。
解体工事には、一定の相場というものがあります。
常識から外れた安すぎる見積書には、なんらかの裏があると考えましょう。
よくあるのが、手抜き工事をされたり、なにかしら理由をつけて追加料金をどんどん上乗せされるというケースです。
あるいは、不法投棄をして、本来ならばかかるはずの産業廃棄物処理費用をかけずに利益を出している可能性もあります。
不法投棄が発覚した場合、業者だけでなく依頼主も刑罰に処せられます。

解体業者を選ぶ時には、相場と大差ない見積もりを出していることを確認してから依頼をしましょう。
その他、ホームページの内容がしっかりしていることや、都道府県知事に登録をしている正規の業者であること、経験・実績が豊富であることなども悪徳業者にかからないためにチェックすべきポイントです。

住宅メーカーから紹介された業者は、手間もかからず信頼できそうだからとお願いしてしまいがちになりますが、中間マージンがとられる分割高になる傾向があります。
複数の業者から見積もりをとって比較したほうが、手間はかかりますが費用が浮きます。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!