解体業者の繁忙期とは

解体業者の繁忙期とは

2016年02月27日

解体業者は主に季節と現場までの到着時間等を考慮して解体料金を算出しています。

特に人間の力で機械を操作して対象物を解体していきますので、現場到着までの時間がかかってしまったり、天候が荒れている時等は解体費用も高くなっていきます。

そして解体費用と深く結び付いている要因として挙げられるのが高齢化です。

自宅を空き家にしたままで施設に入居し亡くなられて、相続人の方がそのままにしている事例が多数あります。

解体すると税金が跳ね上がり、修理費用が安く済んでも結果的に膨大なお金が掛かってしまうのです。

また解体して更地にしてもそのまま元の建物にように土地を利用できるわけではなく、建築基準法をきちんと守らなくてはなりません。

以上の事から解体費用が上がる時期が解体業者の繁忙期と言えます。

具体的には震災等の災害に見舞われた土地等は必然的に解体費用も高くなり、繁忙期となります。

そして梅雨の時期や雨や雪が降る日も解体費用が高くなっています。

この様に猛暑や梅雨等のつらい季節や年末と年度末の人が多く動く季節は繁忙期となっており、解体費用も高くなっていますのでご注意ください。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!