解体工事業者選びで確認したい許可証とは?

解体工事業者選びで確認したい許可証とは?

2015年03月08日

不法投棄は地球環境の悪化に繋がる行為であり、
法律の中では厳しい処分を受けることになります。

現在、解体に伴う法律の一つに建設リサイクル法が有りますが、
これはリサイクルを行う目的以外にも悪質な業者を排除する目的でもあるのです。

建設リサイクル法という法律で定められている義務に基づいた産業廃棄物の処理、
廃棄物のリサイクルを行う必要が有ります。
また、廃棄物の指定の処理を怠った場合は依頼者側も罰せられることになるのです。

そのため解体工事を依頼する業者選びは慎重に行う必要があるのです。
マニフェストを作成して工事を進めて行く業者であるのか、
建設業許可証や産業廃棄物収集運搬業許可証などの必要な許可を得ている業者であるのか
などを確認しておく必要が有ります。

また、建設リサイクル法の中には分別解体と呼ばれる義務も有ります。

分別解体は、リサイクルを行う品目毎に解体を進めていくもので、
窓ガラス、コンクリート、木材など
リサイクルがし易い状態で解体を勧めることを意味しているのです。

 

 

名古屋・愛知・岐阜・三重で住宅・工場・店舗の解体工事業者をお探しなら()青木工業へ

http://aokikogyo.com/

 

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!