解体工事の事前に確認したい追加費用の可能性とは

解体工事の事前に確認したい追加費用の可能性とは

2015年03月06日

解体工事は工事を行う環境などに応じて
追加の費用が発生する事が多くあります。

例えば、周りの建物と近すぎる場合は
人の手で解体する為に追加の費用がかかりますし、
隣接する道路が狭い場合など、
廃棄物の輸送用トラックを解体工事現場に入れることが出来ないため、
廃材などを手運びでの作業になるケースもあり、
追加の費用が必要になります。

また、火事や震災などによる倒壊物件の解体は、
廃棄物の処分や、養生の際の危険から追加費用が発生することになります。

尚、建築物が古い場合などでは古基礎・杭は撤去に別料金がかかることになるのです。
解体工事は建築物をすべて取り壊し、廃材を片付ければ終わりではなく、
古い基礎を取り除いたり、地中に埋まっている障害物などの
撤去費用は別途かかることになるのです。

しかしながら、これらの障害物は解体工事を行う時に取り除いておくことで、
住宅を建築する時に地中埋蔵物の撤去費用を節約できると言ったメリットが有ります。

 

 

名古屋・愛知・岐阜・三重で住宅・工場・店舗の解体工事業者をお探しなら(株)青木工業へ
http://aokikogyo.com/

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!