騒音被害が出ないよう、細心の注意を払います

騒音被害が出ないよう、細心の注意を払います

2015年04月19日

解体作業を行う際には、大きな騒音を伴うものです。
しかし、近隣で大きな音を出すことは、単にうるさいだけでなく、身体的にも精神的にも大きな影響を及ぼすことがあります。
騒音は、聴覚のみでなく、人体へ様々な影響するため危険性が高いのです。
特に高齢者の方や病気の方がいる場合にはその影響は大きいため、十分に配慮する必要があります。

その為、解体工事を行うに当たり大規模な工事を行う場合には、近隣にしっかりと説明を行い同意を得る必要があります。
許可の同意のないまま作業を行ったり、近隣が許容できない騒音を発生させた場合などは近隣の苦情が増えるばかりではなく、最悪の場合裁判に訴えられる場合も有るからです。

プロの業者なら、解体工事を行う際には極力騒音を出さないように注意し、また工事を慎重に行うべきです。
当社では、近隣に対する騒音に対して最大限の配慮を行っております。
例えば解体作業を行う際には超低騒音型油圧ショベルを積極的使用し、騒音を極力抑える対策をしていますので、安心してお任せください。


 

名古屋・愛知・岐阜・三重で住宅・工場・店舗の解体工事業者をお探しなら(株)青木工業へ
http://aokikogyo.com/

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!