建物解体後のスペースを駐車場にしたい場合

建物解体後のスペースを駐車場にしたい場合

2015年04月29日

駐車場の需要が拡大し、古くなった建物を解体したあとの土地を駐車場にしようという人が増えていますが、解体工事と駐車場の土木工事の費用は分けて考える方が無難です。

業者の中には解体工事から駐車場施工まで可能なところも有りますが、その工事費用の見積もりは分けて出してもらう方が良いでしょう。
というのは、解体工事と土木工事は全く別の工事になるからです。

駐車場をつくるためには、地盤の基礎づくりが非常に重要です。
特に建物を解体した後には基礎を壊した後の地盤の沈下なども考えられるため、完全に解体工事が終わった後で基礎づくりを行い、しっかりとした後で駐車場工事を行わないと車の重みなどで地盤が沈下し事故に繋がることも有るからです。

当社では解体工事をしっかりと行った後で駐車場の基礎づくりをしっかりと行うことをおすすめしています。
基礎工事の費用は砕石、コンクリート、アスファルトの順番で高くなります。
土地の状態や駐車場の用途、お客様の予算によりお選びいただけます。


 

名古屋・愛知・岐阜・三重で住宅・工場・店舗の解体工事業者をお探しなら(株)青木工業へ
http://aokikogyo.com/

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!