やむおえない事情での契約解除は許されますか?

やむおえない事情での契約解除は許されますか?

2015年07月12日


住宅に関しては、口約束だけで話を進めていくことはほとんどありません。

高額な金銭が動くのが一般的なので、
しっかりと契約を締結することが基本となっています。

契約を締結した後は、どちらかの一方的な都合で契約解除をすることは、認められないのが普通です。

しかし、やむをえない事情が発生した場合などには、
契約解除をしたいと考えることがあります。

契約解除をしたい場合は、
さまざまなことを確認しなければなりません。

まずは、約款を確認することが必要です。
約款を確認することで、
法律に定められていない具体的な内容が分かります。

また、違約金発生の有無についても確認することが大切です。
違約金発生の有無は、契約書などに明記してあることが多いですが、
分かりにくい場合は約款を確認することで分かります。

たとえば、着工前で人件費の計上をしていない場合などは、
違約金が発生しないことがあります。

最終的には業者の判断となるので、話し合いが重要です。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!