解体の際のトラブル解消法ー意見食い違い編ー

解体の際のトラブル解消法ー意見食い違い編ー

2015年07月20日

木造や鉄骨造、鉄筋、鉄筋コンクリート造などあらゆる工作物の解体工事を請け負っています。

解体工事の際は、詳細な打ち合わせをして書面で描き残し、
解体してほしくないものをはっきりを解体禁止を意味するマークなどを付けて区別しています。

壊れてしまったものは戻らないですから、
事前の話し合いが重要です。

意見に食い違いがあった場合は、
工期の予定が遅れてしまうことがあるなど、
トラブルが起こりやすくなります。

そのためには、契約の段階から解体してほしくないものをはっきり示し、
それが守られなかった場合のために損害賠償保険に加入しておくのがいいでしょう。

解体にはホコリや騒音が出てしまうので、
防音シートや防塵シートを使いますが、
それでも周囲に迷惑をかけてしまうことがあります。

解体工事の前に、業者がどのように工事をするか説明して
挨拶をすることが一般的です。

事前に挨拶をしておくことで、周囲とのトラブルを回避することができます。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!