建物を解体するときの先に考えておくこと

建物を解体するときの先に考えておくこと

2015年09月26日

建物を壊すというのは大きな問題になります。

 

解体を行うにあたり気にしなければいけない問題に税金の問題があります。それが固定資産税の問題です。さて更地になった後の固定資産税はどうなるでしょう。

 

これが大きな問題になるのです。実は二百平方メートル以下の土地の場合においての固定資産税は住宅が建っているほうが税金が安いのです。それは住宅があれば固定資産税が六分の一になると決められているからです。

 

つまり解体を行うと更地になるため、税金が六倍になってしまうのです。

 

そのため、社会的には空き家が問題になっているのです。残念ながら空き家の方が固定資産税が安くなってしまうのです。

 

また固定資産税を課税する基準は一月一日になっています。解体して更地にて迎えると固定資産税が増えることになります。

 

しかし解体をすることは土地の活用にとっても必要なことですので費用はどれほどかかることになるのか業者はどうするのかということをよく考えた上で解体を行うとよいでしょう。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!