解体で怖いことって?

解体で怖いことって?

2015年10月22日

解体工事と言うのは、規模の大きな種類の工事であり、危険を伴うものです。
例えば、解体で怖いと感じる事は解体途中で崩壊してしまうことです。
工期は短時間と言うわけには行かず、3日ぐらいかかるものですから、それだけ危険性がある工事だと言えます。



なお、解体工事の際には、人が巻き込まれてしまう不安を抱えている方も多くいるものです。
解体作業を開始した後は特に危険ですから、工事を行う範囲には、関係者以外の人たちの立ち入りは禁止してはいますが、それでも万が一何か事故が起きてしまったらどうしよう、と不安に感じる人もいるでしょう。



事故が発生して人や物に被害が及べば、気に病んでしまうのはもちろんですが、損害賠償と言った観点からも不安に思うこともあるでしょう。


その点、きちんとした解体業者は保険に加入をしているものです。
ちなみに、当社では、隣の家への被害や、近くを通る人への被害など、万が一何かおきてしまった時には、1億円まで保証されます。



また、従業員が工事中にケガをすることに関しても対策をとっており、労災にも加入しています。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!