騒音問題になりやすい解体って

騒音問題になりやすい解体って

2015年10月26日

住宅の建て替え、土地活用など様々なシーンで必要となる解体工事ですが、その際にネックとなるのが騒音問題です。

解体工事というものは、どれだけ優れた技術で行っても騒音の発生を完全に避けることができない為、近隣トラブルなどに発展しないよう最大限の配慮が必要となります。

騒音になりやすい解体とは、重機を使用した工事です。

人の手だけで行うよりも効率的に行える一方、重機を使用するとどうしても解体の音が大きくなってしまうものですが、そんな中で騒音を最小限に抑える為の工夫が、防音シートです。

しかしながら、防音シート等が薄いと音漏れが大きく騒音になってしまう為、解体工事業者を選ぶ際には、防音効果に優れた品質の良いシートを使用しているかを確認することが重要となります。

また、直接的な騒音対策だけでなく、近隣住民への挨拶等も、トラブルを避ける為に欠かせないポイントです。

どれだけ完璧な騒音対策を施しても、重機を使用した解体工事の騒音を完全に防ぐことはできません。

工事前に理解や協力が得られるよう、しっかりと挨拶回りを行ってくれる業者を選びましょう。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!