防火シートって何故用意しているの?

防火シートって何故用意しているの?

2015年11月09日

解体工事の際には必ず準備するアイテムに防火シートがあります。
火の気のない現場で防火シートは必要ないとも思われがちですが、配線などを解体する時に火花は生じることもありますし、摩擦などによって急に日が出る場合も想定しなければなりません。



私たち(株)青木工業は名古屋・愛知・岐阜・三重エリアの解体工事を行っている会社です。
もちろん解体の時に必ず防火シートを用意しまして、安全対策を徹底しています。


青木工業ではお客さま目線のサービスを重視してまして、お客さまの近隣の方への配慮から、騒音の少ない超低騒音型の油圧ショベルを積極的に取り入れています。

また解体工事に価格費用も分かりやすくご提案することを心がけています。
長年解体工事にかかわってきた実績がありますので、現場を見るだけで、建物の外観や壁、土間(コンクリート)の色などから基礎の厚み・深さがわかるため正確な見積書をご提案することが可能です。


解体工事のことならお気軽に青木工業までご相談ください。
フリーダイアルでの受付時間は9:00から18:00となります。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!