雨でも解体工事って行うの?

雨でも解体工事って行うの?

2015年12月17日

住宅を取り壊す作業を行う場面では、解体工事を専門に行う業者に依頼することが一般的です。
既に数多くの解体技術を持っている業者であれば、スムーズに作業を行うことができます。


解体工事中では粉塵などが多く発生してしまうことになり、住宅やその周辺の環境で異なりますが、一般的には周囲を取り囲むように養生を行って粉塵が飛散してしまわないように配慮することも行われています。


現在では優れた解体工事を実施している業者の場合では、静音タイプの重機などを用いて作業を行う場面が多く、できるだけ騒音が発生しないように工夫していることも特徴です。


一方で工事期間中に関してはできるだけ短期間にて終わらせることを期待する方もいます。
しかし、国内では雨降りの日も多く、天候によって作業が中断してしまうのではないかと、不安に感じてしまう方もいます。


このケースに関しては通常の範囲内の雨であれば問題なく解体工事を進めることが一般的で、寧ろ雨降りの日の場合では、周囲の住宅にお住いの方々が窓を閉めていることが多く、音の問題も少なくなる利点、そして粉塵などが雨によって飛散しにくいという利点もあります。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!