解体工事で出た不要な家財道具はどうなるの?

解体工事で出た不要な家財道具はどうなるの?

2015年12月19日

戸建て住宅などを解体工事を行う場面があります。
古くなってしまった住宅を解体して、新築物件などを建てる方も多く、更地にした状態で不動産売却希望される方もいます。


解体工事は必ず専門業者に依頼することが基本になりますが、室内に残されている不要品となる家財道具に関しては、原則として住宅の所有者が事前に廃棄などを行っておくとスムーズに作業を行うことができます。


しかし、中にはたくさんの不要品があり、個人では廃棄することが難しい状態の方や、距離的な部分として遠方にお住いの方ならば、そもそもが対応できない状態にある場合も見られます。


このケースでは依頼を行う解体工事業者に事前に相談してみる方法で、不要品の家財道具を廃棄する依頼を行うことも可能です。


例えばトラック1台につき、決められた料金を支払う方法などもあり、比較的リーズナブルな料金にて廃棄を依頼できる場合もあります。


しかし、家電リサイクル法で該当しているような家電製品の場合では、処理することが原則として難しい傾向にあることから、対象となる物品に関しては正式な方法で処分することが必要です。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!