解体工事の仮囲いって何?

解体工事の仮囲いって何?

2015年12月21日

建設物などを解体工事を行うような場面では、周囲の安全を確保することが何より大切です。


解体工事中に建造物を破壊した際に、周囲に倒壊してしまった場合では、第三者に被害が及んでしまう危険性を持っています。


そのため、解体工事を行う専門業者では、対象になる物件によっては周囲に仮囲いを行うことも一般的です。


仮囲いとは、建築物とは異なって、容易に撤去できるように工夫されている囲いになり、通常では解体工事を行う建物の周囲を取り囲むように鋼板や単管パイプを組み合わせたり、ビニールシートなどを使って保護することを行っています。


その効果に関しては、破壊したものが周囲に飛び散ることを防ぐ役割もありますが、関係者以外が現場に立ち入ることができないように配慮している内容も含まれています。


比較的大きな建造物などを解体する際に使う方法になり、一般的な住宅の場合ではあまり使われることがない方法ですが、常に安全に作業を行う上では欠かすことができないものとして考えられていて、一般的に知られている足場に関しては、別々に設置を行うことになり、仮囲いとは異なるものとして使われています。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!