解体工事ではどうして水まきをするの?

解体工事ではどうして水まきをするの?

2016年01月02日

住宅を解体工事に出す場合では、事前にインフラなどを閉栓することが必要になりますが、一般的には水道に関しては閉栓をせずに解体工事が終了するまで水を使うことができる状態にしておくことが求められています。


解体工事中に関しては常に水まきを行っていることも一般的ですが、どうして水まきを行うかといえば、解体作業中に近隣へと埃や塵などが舞ってしまうことを防ぐために行われています。


多くの木材を粉砕する場面があり、木くずなどが散ってしまうことがあります。
壁に関しても埃や粉塵が発生することが多く、石膏ボードから排出される粉なども大量に発生してしまいます。


住宅のある場所が住宅街に存在している場合では、常に近隣の住宅への配慮を行っていることになり、水まきを常に行う方法で、粉塵の被害などを最小限に抑制することができます。


住宅の中には有害な物質を出してしまう素材を使っている住宅もあり、近隣への配慮は非常に重要です。
常に近隣住民の方々と協力しながら作業を進める方法で、安定した解体作業を済ませることができます。
作業後には道路など汚れた場所の清掃を行うことも基本です。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!