仮設養生で質の高い解体工事に!

仮設養生で質の高い解体工事に!

2016年01月04日

解体工事を行うときは、ホコリなどの粉塵が出て、騒音も出てしまいますから、仮設養生をすることで質の高い工事をすることができます。


仮設養生は、解体工事をする物件に足場を組むことから始めます。


足場を組んで、物件の周囲を防汚シートや防音パネルで囲みます。


そうすることで、飛来落下の防止や遮音に効果を得ることができます。


解体する物件よりも足場は高く組んで、解体したときに出る破片は粉塵が外部に落下したり広がらないように、しのびがえしを設置します。


また、解体するときにおこる風圧はかなり大きいですから、倒壊事故につながらないように、防音パネルを設置するときは、適切な間隔で壁つなぎを取る必要があります。


足場に関しても、風圧によって揺らぎがないように、風荷重の検討をして補強を適切に行う必要があります。
解体をしている最中は、仮設養生をしても粉塵が外に出てきますから、広がらないように散水を行う必要があります

 

 

散水設備を近くに設けて、粉塵が発生している部分に散水し、粉塵許容濃度を抑制させる必要があります。
これらをしっかり行えば、質の高い解体工事をすることができます。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!