解体工事で起きやすいトラブルとは

解体工事で起きやすいトラブルとは

2016年01月12日

一般的な一戸建て住宅などを解体工事を利用する場面では、環境によっては周囲とのトラブルが起きやすい場合が見られます。
人が居住できるような大きな住宅を解体工事することになるので、どうしても避けることのできない不具合などが存在していることは事実です。


実際に起きやすいトラブルの中には騒音問題を挙げることができます。
ショベルカーなど大きな重機を用いて解体を行うことになり、土間打ちなどを行っている場所に対してもはつり作業が必要です。


その結果として大きな音が発生してしまうことになり、近隣住民の方々に不快な音が聞こえてしまうことになります。
また、粉塵の問題もあります。


洗濯物などを屋外に干している方が存在している場合では、粉塵が舞ってしまうことで汚れが付いてしまうことも多々あります。


他には重機やトラックなど解体工事に必要とされている車両を住宅周りに駐車する必要が出てくることになり、道路の通行上としての問題も発生しがちです。

 


しかし、解体工事のプロでは、事前に申請を行ったり、近隣住民への挨拶回り、トラブルが発生した際の対応などを行っているので安心して依頼できます。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!