解体工事では虫やネズミが移動する?

解体工事では虫やネズミが移動する?

2016年01月14日

建物の解体工事を実施すると、建物に住み着いていた虫やネズミが避難場所を求めて移動し始めることがあります。
解体工事の前に、害虫駆除対策と害獣駆除対策を行なっておくことで、近隣への迷惑防止に効果的です。


虫とネズミが実際に移動するのは、殺虫剤や駆除剤を散布したときです。
殺虫剤や駆除剤を散布したときに移動するのは、ごく限られた数になるのがポイントです。


建物の床下や天井裏など、密室に近い状態で駆除しておけば、近隣に迷惑をかけずに済みます。
駆除しておけば、後処理としての清掃は短時間でできますから安心です。


解体工事を実施して、更地にしてから建物を新築する場合は、駆除済みのほうが衛生的な環境に建物を施工できるメリットもあります。
駆除作業をせずに解体してしまうと、一時的に避難して再び戻ってくる可能性も出てきます。


長い目で見れば、解体工事を実行する前に、丁寧に駆除作業をしておいたほうがトラブルの発生を抑制できて衛生的です。


駆除作業そのものの費用は低予算でも可能です。
長年にわたり駆除をしたことがない建物であれば、解体工事の事業者に相談してみると良いでしょう。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!