解体工事後の土地はどうなるの?

解体工事後の土地はどうなるの?

2016年01月20日

戸建て住宅などを所有している方が、老朽化や他のことをきっかけとして解体工事を依頼するような場面があります。


解体工事を行う専門業者では、依頼者の希望によって解体する範囲などを決めることも可能ですが、一般的には更地の状態に施すことになり、土地の上にある建造物を解体して撤去を行うことは勿論ですが、例えば土間打ちなどを行っているような場所であっても、コンクリートなどを全て破砕した上で撤去を行うことも基本です。


即ち、解体工事が終了した場合では、土の状態に地面が整地されていることになり、工事後の土地に関しては所有者の意向によって使い道は広く用意されていることになります。


例えば建て替えによって解体工事を行っている方ならば、ハウスメーカーなどによって新しい住宅を建てる作業に入ることになりますが、用途を決めていない方ならば、土地を管理することが必要になるケースがあります。


長期的に土地を放置してしまった場合では、雑草などが多く生えてしまうことがあり、ゴミなどを投棄されてしまう可能性もあります。


そのため、しっかりとした管理を行う方法で土地を守ることができます。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!