解体工事の粉塵被害とは

解体工事の粉塵被害とは

2016年01月16日

住宅を取り壊す解体工事を行う場合では、必ず粉塵対策を行うことが必要です。


周囲には広大な面積の土地があり、民家などが近くに存在していないような状態であれば問題は起きませんが、一般的な市街地など住宅街に建つ住宅を解体工事に出す場合では、粉塵被害が発生してしまう可能性が高まります。


この被害に関しては解体する際に木材やコンクリート、石膏ボードなどあらゆる住宅資材を破砕してしまう場面があることで、粉塵が周囲まで飛散してしまうことがあります。


その結果として例えば近隣住民の方が洗濯ものなどを屋外に干している場合では、被害が及んでしまうことが多く、暖かい季節の場合では窓を開けている住宅もあり、このケースでは室内に粉塵が舞い込んでしまうことがあります。


このことによって、体質が悪化してしまったり、喘息やアレルギーの原因になる可能性もあり、粉塵被害は深刻な内容です。


解体工事を行う専門業者では、必ず事前に対策を行っており、養生シートを設置する方法や、水まきなどを徹底する方法で、周囲に被害が及んでしまうことを防いでいます。


同時に近隣住民の方々に協力を依頼することも行われています。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!