解体工事の作業レベルってどんな違いがあるの?

解体工事の作業レベルってどんな違いがあるの?

2016年02月01日

解体工事は解体するだけでどこの業者も一緒ではないかと思われる方も多いかもしれませんが、その作業レベルは業者によって千差万別です。


見積もり一つ出すにしても、業者によっては解体していくうちに最初の見積もりとは違う素材であることが発覚したり、想定していたよりも基礎がぶ厚かったり深かったりと、最初の見積もりよりも最終的な見積もり金額が跳ねあがってしまうこともあり得ます。


そういう想定外の事態が発生すると料金が上がるだけでなく、解体工事期間も延長されたりと依頼者にとって不利益なことが多々起こることに繋がります。

解体する建物の立地も広々とした土地の中に建っているのか、隣の建物との境界ギリギリまで建っているかにもよって作業の仕方は変わってきますし、そうした臨機応変さもどこまで可能なのか、それに対応した機材を保有しているのかという問題もあります。

また、近隣住民への配慮などトラブルを未然に防ぐための取り組みもどこまでしているのか、クレーム対応もどこまでしてくれるのかということも、業者によります。

このように、解体工事といってもその作業レベルにはさまざまな違いがあります。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!