どうして解体工事をすることで揺れを感じるの?

どうして解体工事をすることで揺れを感じるの?

2016年02月05日

解体工事を実施している現場では、騒音と振動を感じてしまうことになり、この点に関しては解体工事を行う対象物によって異なりますが、一般的な住宅を対象にしている場合では避けることのできない内容です。


解体工事を行うことで揺れを感じる理由については、地面の中には基礎というものが設置されており、その上に住宅が設置されています。


その結果として土地の上の家屋を破壊した場合では、基礎部分にまで振動が伝わることになり、どうしても揺れを感じてしまいます。


また、基礎に直結しない家屋の上の部分を解体している最中であっても、落下してしまう住宅資材が多いことで、その都度揺れを感じることになります。


一般的な方法として重機を用いて解体工事を行いますが、重機もかなりの振動を与えることが多く、重量を持った機器になることから移動する度に揺れが発生してしまうこともあり得ます。


現在では優れた解体工事の方法として、低振動の重機なども開発されており、極力振動を発生させない方法と同時に、静音設計になる重機の利用によって、周囲への被害を最小限にすることも可能です。

他にも役立つ解体工事の豆知識豆知識一覧

只今のキャンペーン情報

  • 現地立会いで商品券1,000円分!
  • 事前アンケートで届出無料代行!
  • お客様モデル出演で商品券3,000円分!
  • 25坪以上の解体で廃材処分代無料!