NEWS
新着情報
解体お役立ち情報 2022.11.14

家を解体するメリットとは?古民家を解体する際の手順や注意点についても紹介!

古民家を所有もしくは相続しており、解体するかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
古民家を解体するのにはいくつかのメリットがあり、その中には安全性に関わるものもあります。
そこで今回は、古民家を解体するメリットについて紹介します。
手順や注意点についても紹介するので、ぜひ判断にお役立てください。

□古民家を解体するメリットについて紹介!

古民家を解体するメリットは、「土地が売りやすくなること」、「倒壊の危険を未然に防げること」です。
買い手にとっては、更地であることでスムーズに建築を進められるため、その土地を選びやすくなると言えます。
古民家付きの場合は購入後に解体する必要があるので、買い手がつきにくく売り手にとっては不利であると考えられます。
そのため、古民家の場合は特に解体することをおすすめします。

また、古民家の場合は築年数が長いため、老朽化が進んでいる可能性があります。
特に木造住宅の場合は、湿気による腐食やシロアリによる被害が原因で、倒壊の危険が高い可能性があります。

近隣の方への配慮や安全面を考慮すると、これだけでも解体するのは大きいメリットと言えるでしょう。
古民家が空き家となっている場合は、解体することで定期的な管理が不要になり、手間や維持費が掛からなくなることもメリットのひとつと言えるでしょう。

□古民家を解体する際はどのような手順で行う?

*古民家を解体する手順は一般的な建物の解体とは異なる?

古民家の解体の特徴として挙げられることは、古民家に使用されている古材に価値がある場合は買い取ってもらえることです。
価値のある古材とは、築50年以上経った伝統的な工法で建てられた古民家に使用された国産木材のことです。
古い木材に価値がある可能性がある理由としては、木材には経年変化により強くなるという特徴があるからです。
価値のある古材かどうかを見極めるために、古材鑑定士に依頼する必要があるため、一般的な建物の解体と手順が異なります。

*古民家の解体の手順について

古民家を解体する場合、まずは他の建物と同じように解体業者を決める必要があります。
ただし、古民家は価値のある古材が使用されていることがあるため、同時に古材鑑定士にも依頼します。

次に、見積もりの確認を行います。
解体業者が解体予定の家の状態・立地・近隣の状況などを考慮した上で工事をイメージし、ヒアリング・調査を行います。
その後に細かいところまで確認した各項目と算出した金額が記載してある見積もり書を確認します。

確認後にリスク説明を聞き、注文書に署名・捺印をして契約を完了し、着工日を決定します。
段取りや進め方などを確認した後に着工に移ります。
工事に入った後は随時進行状況を確認して、必要があれば工事の様子を写真で送ってもらうと良いでしょう。
また、必ずしも工事がスムーズに進むとは限らないため、トラブルが発生した場合はその都度話し合いが必要です。

工事が完了した後は、工事内容と相違がないかを確認し、竣工となります。
価値のある古材があった場合は工事完了後に、買取業者に買い取ってもらうと良いでしょう。

□古民家を解体する際にどのようなことに注意すれば良いの?

古民家の解体をお考えの場合はメリットや手順だけではなく、注意点についても知っておくべきです。
ここからは、古民家を解体する際の注意点を2つ紹介します。

1つ目は、古民家を解体すると固定資産税が上がることです。
土地の上に建物がある場合、固定資産税の軽減措置が適用されます。
ところが、古民家がなくなって更地になると軽減措置が適用されず、土地に係る税額が上がってしまいます。

古民家がなくなることで建物の固定資産税を払う必要がなくなりますが、建物の固定資産税額が少額であった場合は、かえって全体に係る税額が高くなってしまう可能性があります。
古民家を解体して更地にする予定の場合は、「土地を売却する」「貸地にして収益を得る」「別の建物を建てて活用する」などの対応を考えておくと良いでしょう。

※参照:
東京都主税局. 住宅用地及びその特例措置について.
https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/shisan/kotei_tosi.html#ko_02_02, (2022-10-06参照)

2つ目は、アスベストが出る可能性があることです。
アスベストとは、肺に有害な影響を与える物質のことです。
古民家を解体する際は、アスベストと呼ばれる物質が排出される可能性があるため、注意しなければいけません。

現在ではアスベストは全面的に新たな使用は禁止されていますが、以前は禁止されていなかったため、古民家の廃材には含まれている可能性があります。
ご自身の判断で古民家を解体してしまうとアスベストが周辺に飛散する可能性がありますが、解体業者に依頼すればアスベスト処理をきちんと行ってもらえます。

※参照:
環境省. 改正大気汚染防止法について.
https://www.env.go.jp/air/post_48.html, (2022-10-06参照)

弊社はホスピタリティマインドを大切にして、解体工事を行っております。
お客様の不安を取り除き、安心感や満足度を高めるために細かい説明も欠かしません。
名古屋市周辺で解体工事をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

□まとめ

古民家を解体すると土地が売りやすくなることに加えて、倒壊の危険を未然に防げるというメリットを得られます。
倒壊のリスクを少しでも減らしたい方は、解体を前向きに考えると良いでしょう。
古民家の解体工事をすることで得られるメリット・デメリットを両方とも確認したうえで判断するようにしてください。

Back to list
CONTACT

無料お見積もり・お問合わせ・
資料請求

お電話

お電話でのお問合わせ

0120-68-3434

〈受付時間〉月〜土9:00〜18:00 
※時間外は転送にて承ります

TOP
TEL 0120-68-3434 無料お見積もり・お問合わせ・資料請求