NEWS
新着情報
解体お役立ち情報 2024.02.07

家を解体して更地に! 費用の相場と賢い支払い方法

「家を解体することに決めたけれど、一体どこから始めればいいの?」
この記事では、そんなあなたの疑問に応えます。
解体工程は、ただ単に古い建物を取り壊すだけではありません。
これは、新しい未来への第一歩です。

この記事では、一戸建ての家の解体に必要な工程の紹介と、それに伴う費用の見積もり方法を詳しく解説します。
解体計画の不安を一掃し、スムーズな更地化への道のりを確実に歩むためのポイントを紹介します。

□一戸建て解体の流れ

家を解体し更地にするためには、計画的なステップを踏む必要があります。
この工程には、事前の見積もりから始まり、解体工事、廃材処理までが含まれます。
各ステップを詳しく見ていきましょう。

*見積もりと解体会社の選定

解体会社から見積もりをもらい、契約を結びます。
会社によって所持している重機の種類や工事を行う職人数が異なり、これらの違いが費用に大きく影響します。
そのため、見積もり価格に対して、「なぜその価格になったのか」を確認しておくことは大切です。
また、当社は正確な見積もりを提示しておりますので、名古屋市周辺で解体工事をご検討中の方は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

*解体準備

解体工事の前には、近隣への挨拶と配管配線の撤去が必要です。
このステップでは、解体工事による騒音やほこりに対する配慮、電気・ガスの停止、配管や配線の撤去作業が行われます。

*解体工事

解体工事では、まず足場を組み、防音シートで覆います。
その後、建物の内装材、ドア、設備機器、備え付け家具などが順に解体され、最終的に梁や柱、屋根、基礎が撤去されます。
この工程は建物の状態や立地によって異なります。

*廃材処理と整地

廃材は素材ごとに分別され、適切に処理されます。
その後、地中に埋没物がないか確認し、整地工事を行います。
この工程で工事は完了し、土地は更地となります。

このように、一戸建ての解体は複雑なプロセスを含みます。
しかし、各ステップを理解し、適切な準備を行うことで、安心して解体工事を進められますので、事前に各ステップの工程を把握しておきましょう。

□家を更地にする際の費用相場とその構成要素

解体を考える際、最も重要なのが費用です。
家を更地にするための費用相場と、その構成要素について詳しく見ていきましょう。

1:解体費用の相場
一般的な30坪の家を更地にする費用は、約90万円から150万円程度です。
建物の構造によって費用は異なり、木造は解体しやすく、費用が安くなる傾向にあります。
平均的な木造建築の解体費用は、1坪あたり約3万円です。

2:付帯工事の費用
付帯工事とは、解体を伴う庭や駐車場、外構の撤去などです。
家本体以外の設備や施設の撤去にも費用が発生します。
例えば、カーポートの撤去は1台用で約1万円、ブロック塀は1平方メートルあたり約5000円から1万円など、項目ごとに異なります。

3:廃材処理のコスト
解体した後の廃材処理にも費用がかかります。
コンクリートガラの処分は1立方メートルあたり約3,000円から、タイルやガラスは約15,000円からなど、素材によって価格が異なります。
廃材の量に応じて費用が変動するため、事前に会社と確認することが重要です。

4:立地条件と解体費用
立地条件によっても解体費用は変動します。
住宅密集地では重機の搬入が難しく、手作業での解体が必要な場合があります。
このような条件下では、費用が高くなることを想定しておく必要があります。

解体費用は、多くの要素によって決定されます。
そのため、事前の見積もりを丁寧に行い、予期せぬ費用の発生を防ぐためにも、各要素をしっかりと理解し、計画的に進めることが大切です。

□解体費用の支払いを助ける補助金やローンの活用法

家の解体に関わる費用は高額になりがちですが、補助金やローンの活用により、費用の負担を軽減する方法があります。
ここでは、解体工事に伴う費用を賄うための補助金やローンの利用法について、さらに詳しく掘り下げていきます。

1:自治体の補助金を活用する
多くの自治体では、老朽化した建物の解体をサポートするための補助金や助成制度を設けています。
これらの制度は、空き家問題の解決や地域の景観改善を目的としています。
自治体によって補助金の額や条件が異なるため、解体を検討している場合はまずお住まいの自治体に問い合わせることが重要です。
また、補助金の申請には事前の手続きが必要なことが多く、解体工事を開始する前に確認しておくことが不可欠です。

2:住宅ローンに解体費用を組み込む
新築を計画している場合、解体費用を新築の住宅ローンに組み込むことが可能です。
これにより、解体費用の一括支払いのプレッシャーを軽減し、月々の返済額に分散させられます。
ただし、この方法を利用する場合は、金融機関との事前の相談が必要です。
解体費用の支払いを住宅ローンに組み込むための条件や手続きについて、詳細を確認しておくことが重要です。

3:フリーローンと空き家解体ローンの活用
解体工事を行う目的が新築ではなく、売却や土地の有効活用のためのものである場合、フリーローンや空き家解体ローンの活用が考えられます。
フリーローンは利用目的が自由なローンで、多くの銀行で取り扱っていますが、審査が厳しく、金利の面で留意が必要です。

一方、空き家解体ローンは、空き家問題への対策として政府や地方自治体、金融機関が提供する特別なローンです。
これらのローンは、地方銀行などで取り扱われており、利用するには「空き家」としての基準を満たす必要があります。
売却前の解体を計画している場合は、空き家解体ローンの適用条件を確認し、適切なローンを選ぶことが肝要です。

□まとめ

家を解体し更地にする計画は、多くのステップと詳細な費用計算が必要です。
初めに、解体工程の各ステップを理解し、適切な会社選定と事前準備を行うことが重要です。
次に、解体費用の相場と構成要素を理解し、予算計画を立てます。
最後に、費用の支払いに関しては、自治体の補助金やローンの活用が可能です。
これらの情報を基に、解体計画を進めることで、不安を軽減し、スムーズな解体工程を実現できます。

Back to list
CONTACT

無料お見積もり・お問合わせ・
資料請求

お電話

お電話でのお問合わせ

0120-68-3434

〈受付時間〉月〜土9:00〜18:00 
※時間外は転送にて承ります

TOP
TEL 0120-68-3434 LINE 無料お見積もり・お問合わせ・資料請求